sample

これまでに手がけたアート・クリエイティブ関連の英訳をご紹介します。
英訳の詳しい説明については、こちらでご覧ください。
‘Misunderstanding Focus 16:9′ by Nerhol
FRAMED* 作品展覧会の紹介文
はじめてNerholの作品を見たとき、その鮮烈な第一印象とともに、「ああ、彫刻というのはこういうことなのか」とあらためて腹に落ちてくるような、ゆっくりとした感慨があった。先端と根源を同時に見たかのような。ある時間の幅の中でシャッターを切り続け、撮影した対象を紙の積層として定着し、そしてそれらを「彫る」。Nerholのポートレート・シリーズ「Misunderstanding Focus」には、「時間軸を彫る」という形式自体が放つ鋭利さと、素材を丹念に掘り続けることで対象の機微を浮き彫りにしていく、という彫刻行為の中に根源的に備わる醍醐味や快楽が、絶妙なバランスで共存している。世の中に潜在しながらも明らかにされてはこなかった視点や感覚を、これまでにないやりくちで鮮烈に具体化する、新しい形式の発見。アート/デザインの分野を問わず、優れた作品が持つ特質のひとつとして、この「発見」という悦びがあるが、Nerholの作品には、この「発見」の鮮やかな一撃と同時に、その制作行為の痕跡をじっくりと味わいつくしたくなるような素朴な豊饒さが内包されている。今回の展覧会では、彼らの彫刻作品とともに、彫られる素材や彫る行為自体を見つめるような展示が並び、Nerholの作品世界により多面的に接する機会となることを願っている。お時間の空いたときに、ゆっくりと滞在して頂きたい。
At first sight, Nerhol’s work left on me not only an intense first impression but a sense of deep satisfaction and understanding, as if I were rediscovering “what a sculpture truly means.” It was as though I was witnessing the very tip of something and its roots all in one instance. The work is an act of capturing the subject through a lens for a defined length of time, accumulating these images into fixed layers, and “carving” (ho-l) it. Nerhol’s portrait series “Misunderstanding Focus” contains a delicate balance: the edginess embodied in the format of “carving out time”, and the intrinsic thrills of diligently etching away the subtleties of the captured subject. The work is a new type of discovery, vividly reifying a preexisting, inherent-yet-obscure perspective/sensibility. A common characteristic among all outstanding work, be it Art/Design, is the natural sense of pleasure in discovering something unprecedented. Nerhol’s work, together with a sensational “discovery,” connotes a humble richness that tempts us to devour and scrutinize each and every footprint of their creative process. At the exhibit, the resulting sculptural work will be displayed alongside the actual carving materials and the sculpting process, presenting a unique opportunity to approach Nerhol and their artwork from multiple perspectives. We hope that you will be able to dedicate more than a few minutes of your time to enjoy this exhibition.
‘hello world’ by Qubibi
FRAMED* 作品シリーズの説明文
密集したホットケーキの穴は、やがてくっつき合い、一つの大きな迷路を造りだす ― あらゆる事象にみられる「境界」を表現の根底におき、二度とない絵をリアルタイムに生成していくアニメーション方法に、“hello world”という名前を付けました。人の手を借りずに如何様にも変化する営みの光景。何が描かれ、紡がれていくのか。
Clusters of potholes merge into one giant labyrinth… With an underlying concept of ‘borders’ running through the series, “hello world” is a name given to this particular style of animation in which imagery is constantly being generated in real time. What’s here is a scene of a self-sustained system, a morphing of imagery that occurs without the help of man’s hand. What will it draw? What will it spin out?
原文 : Qubibi こと 勅使河原一雅氏
掲載 : FRAMED* Gallery
解説 : この英訳についての解説はこちらから